浮気が知られてしまうところとなって築いてきた信頼を壊してしまうのは簡単ですが、破壊された信頼感を元通りにするには永遠に続くかと思われるような歳月が要るのです。
不倫行為は民法第770条に定められた離婚事由に認められ、平和な家庭生活が壊されたのなら夫あるいは妻に裁判に持ち込まれるケースも多々あり、損害賠償や慰謝料などの被害者に対する民事責任を果たさなければなりません。
男女が密かに会っても性行為がないならば不貞行為と言えるものとはいえません。よって損害賠償などを請求することを意図しているなら説得力のある裏付けが要求されるのです。
会う機会の多い妻の友人や社内の知り合いなど手が届く範囲にいる女性と浮気に至る男性が近ごろ増えてきているので、夫の辛気臭い話を穏やかに受け止めているような女友達が実際のところ夫を略奪した相手だったなんて恐ろしい話も実際にあるのです。
いわゆる不倫とは、結婚している男または女が別の男か女と恋人同士の関係になり性行為まで行うことを指します。(夫または妻を持たない男女が既婚者と恋人関係になり肉体関係を結んでしまった状態も入る)。