もうすぐ結婚を控えたA子さんの話です。高校時代から8年越しの恋愛が実って、ようやく結婚となった彼女。式場に通ってはドレスを決めたり、演出を考えたり、忙しくも楽しい日々を過ごしていました。
そんな彼女の元へ、一通のメールが届きました。

 

それは、彼女と一晩限りで遊んだ男友達からでした。友達の誕生日パーティで一緒に騒ぎ、飲んだ勢いもあってその夜を共に過ごしてしまったのです。彼氏がいるからと説明しても、その後何度も電話してきて誘うので、強く断りましたから、今では友達ですらないと思っている男性です。

 

おそらくA子さんが結婚するということをどこかで聞きつけて、嫌がらせのつもりだったのでしょう。A子さんが上半身裸で寝ている姿を送りつけてきたのでした。幸福の絶頂だった彼女は一気にどん底へ。写真をばらまかれたらと思うと恐くて恐くて、どうしたらいいのかわからなかったと言います。

 

これは珍しいことではなく、誰にでも起きうる事件なのです。安易に他人を信用しないこと。恋人がいるけれどお互いに遊びと割り切っていれば良いということではないのです。その遊び相手が不幸な状態のとき、幸福なあなたへどんな仕掛けをしてくるかわかりません。用心に越したことはないのです。