不倫というものは大切な家庭や友人たちとの絆までも一瞬にして破壊する危うさを抱え、経済的及び精神的に酷いダメージを受け、せっかく作り上げた社会的な信用や生きる基盤さえも失くしてしまう危険性があります。
警察は職務によって事件発生後に捜査を開始して解決することに尽力しますが、探偵の方は事件の予防やその対策に手を尽くし民法上の不正な行いを告発することなど をメインに行っています。
不倫をしたという事実は男性と女性の関係性を終了させるものだという考えが当たり前だと思われるので、彼の裏切りを察知したら、別れを決める女性が主流であることは確かでしょう。
日本ではない国において浮気調査をするには、調査の内容によっては国の法律で日本の探偵社の調査員が調査業務を行ってはならないことになっていたり、探偵の業務自体を許していなかったり、その国の探偵に関する資格を取得しなければならないこともあるので気をつけなければなりません。
男女が逢瀬を重ねていたとしても性的関係がないのであれば明らかな不貞とすることはできません。それ故に損害賠償などを請求することを考慮している場合は確実な根拠が必須となります。