不倫をしたという事実は男性と女性の関係性を終わりにさせるという考え方が一般的なので、彼が浮気したことを把握したら、別れようと思う女性が大半だと思います。
不倫に及んだこと自体は、相手に拒絶の意思がないことを確認したのであれば刑法上の罪ではないため、刑法により処罰することはまずないのですが、倫理的によくないことであり失くすものは思いのほか大きなものであることは間違いありません。
後悔だけの老後だとしても誰もその責任をとってはくれませんから、浮気に関しての自分なりの答えや決定権は最後は自分自身にしかなく、何人も違和感があっても言うことはできない個人的な問題なのです。
簡単に浮気をする人の性質として、社交的かつ能動的であればあるほど多くの異性と交流するイベントなどもよくあり、年中特別な刺激を期待しています。
業者に連絡を取る時は、履歴に相談内容が刻まれてしまうメールでの問い合わせよりも電話で問い合わせた方が詳しい内容が正確に伝わるので思い違いがあったというようなトラブルを避けることができます。