やり直したいから、浮気相手と別れさせたい。

 

 

最愛のパートナーである夫や妻が、自分以外の異性に気持ちやカラダを許し関係をもつと、
どんな人間でも正常な心理状態を保てなくなりますよね。
しかし辛い状況だからこそ、自らの価値をさげるような行為は絶対に駄目です。

 

それは復縁を目指すにしても離婚するにしても、いかなる選択肢を選ぶ場合で共通の注意点となります。
パートナーが浮気をしているのは何故でしょうか?

 

それはあなたに期待するべき

 

「恋愛の刺激」
「性的満足感」
「癒される時間」
「愚痴が言える相手」

 

をその浮気相手に期待し満たされているからです。

 

全ての浮気している男女に当てはまることではないかもしれませんが、相当な浮気性でもない限りは上記のような感情が働き、その中で相手に感情が芽生えたと考えるべきです。

 

つまり、「浮気をする者=裏切り者」と思うよりも、自分が選んだパートナーは魅力的なので他の異性から興味を持たれ、あなたが油断してたから関係をもってしまった。
あなたが選んだパートナーは性格的には素直だから、その浮気相手を好きになってしまった。
このように思う方が気持ち的に楽のはずです。

 

忘れてはならないのは男女の基本ルール。

 

夫婦と言えど、他人同志の男女が「好き」という感情だけで一緒になっただけですので、好きな気持ちが薄まってしまえば「なんで一緒にいるんだろう」という気持ちになるのは自然なことです。
もし夫や妻が浮気相手に夢中で熱をあげているとしても、それは「夫や妻が純粋だから」と思ってください。

 

繰り返しになりますが、絶対にやってはいけないことは「価値を下げる言動」です。

 

浮気をしたことを責め、浮気相手と別れさせたい感情のままに動いては、「やっぱりこの人とは合わない」と思われてしまいます。
夫婦という形に依存していては、浮気している夫や妻とは別の次元で話をすることになるからです。

 

別れさせたい浮気相手が憎く許せない気持ちだとしても、一時的にはその立場になって考えてください。
既婚者相手に不倫をして、今どれだけラブラブであっても不安はなくなりません。

 

恋愛の刺激や性的満足感だけではなく、配偶者が与えるべき「癒し」「気遣い」といった部分まで
狙ってくるわけですから、ペースを崩されて家庭内が重い雰囲気で居心地が悪くなれば墓穴を掘ってしまいます。

 

浮気相手を別れさせたいなら、感情的にならず、話し合いに頼らず、正しい別れさせる方法を行いそれを夫婦関係修復のキッカケにすることです。
未練が残るような強制的な別れさせる方法を行なえば、浮気に関係なくその夫婦は時を経ずとも離婚になってしまいます。
離婚したくないならば、浮気相手と綺麗に縁を切る方法を意識することです。

 

水面下に潜られることのないよう、まずは浮気の証拠を確保することが重要です。
きっと、貴女に適切なアドバイスや提案を貰えると思いますので、秘密厳守の無料相談をご利用されてみてください。