恋愛相手として男性を見るとき、あなたは相手に束縛されたい方ですか?
ちょっとした嫉妬ならまだしも、束縛と言えるほどあなたに執着するとしたら、それはちょっと恐いことです。
別れるときにストーカーになってしまうなどのトラブルにもつながりかねません。

 

おつきあいをする前に、さりげなく言葉で自分の好みを表しておくことをおすすめします。
「私しつこい人って苦手なんだ…」「男のくせにメールとかマメだとうざいよね」「いろいろ訊かれると信用されてないんだなーっておもっちゃう」
などなど、束縛されたくないということを何度も伝えましょう。

 

とても嫉妬深い相手ならば、おそらくそんな風に言う人とつきあうことを諦めるでしょう。
良くないのは、最初は「私も焼きもちやきなんだー」「かまってくれないと嫌になっちゃう」など束縛されても良いような雰囲気を出していながら、つきあい始めて相手の束縛が強くなってから急に態度を変えること。
あなたが相手を見ているように、相手もあなたがどんな人なのかを見ているのです。
お互いに信用し合いたいから束縛されたくないということをしっかり伝えていきましょう。