探偵の本来の姿って、「一本の電話から始まった相談者の依頼を受けて、依頼者の欲しい結果を出し、解ぜったいいく」ちゅうやうに、一貫ってしてしまいまでぇ力になっていく姿勢やさかいはあらへんやろか。
 泥臭く、人間臭く、また引き受けた探偵自身が現場せやけど動おっていく・・・その姿。

 

 よう職人探偵ちゅう言葉もお聞きするわが、「探偵」こそ「職人でぇやれ!」って思うでし、共感するわ。

 

 もしお客様が依頼した探偵・興信所が職人探偵はんやったりやんか、ラッキーなんやこれがホンマに。
 職人探偵は、お客様からの相談業務にも長けておりえらい豊富な経験や調査の場数を踏んでぇきていますわから、人探しでぇあってんも、相談者からの情報を聞おって、人探しの方法を頭の中でぇ描き、不可の判断や難易度を計るこってがでぇきます。

 

 浮気調査におぅてもせやでぇ。相談者の浮気調査がはたして白か黒か。どの程度の難易度の浮気調査やねんかやらなんやら、場数経験が豊富な探偵やからこそ、回答がでぇきるちうワケや。

 

 やって、探偵・興信所の経営スタイルってして、大手ぇに行けばいくほど、相談部、調査部やらなんやら別れてるこってもあるやんうやけど、「わいは営業相談だけぇやから、現場のこってはやんまり知らん」ってか、「わいは現場調査専属。やって、相談者ってお話なんて苦手ぇやねんし、営業経験なんてのもあらへんんやねん」ってなりがちやねん。

 

 各々が責任もって正しく業務をおこなっていけば、おれおれゆうべきこってせやけどあらへんのやが、探偵・興信所のお仕事に関しては、うまくいかあらへん、要やるにトラブルが起きやすいって言えるさかいは思うで。

 

 探偵の浮気調査や人探しやらなんやら、ほんま内容は微妙やねん。むっちゃ厄介な調査そやかて多々あるんや。
 依頼の段階からちゃんとってお話を聞き、その依頼者の念を背負っとる探偵が必ず、現場に参加していくこってが本来の姿ではおまへんでっしゃろか。
 そないやるこってにやって、行き違い、聞き違いやらなんやら発生せず、きちんって効率よう調査が行えます。

 

 下請け探偵や、他の探偵・興信所に仕事をふっていけるやさかいしょうか・・・疑問やねん。
 千葉の探偵はんの持論でぇは、「探偵の仕事」に関しては、えらいグレーの部分もようけ、お客様にってって見えへん部分が多すぎるちうワケや。探偵・興信所の組織形態はなんぎさかいはって思えてなりまへん。

 

 結局そら、依頼者に高額な調査料金を負担させるこってってなり、また、浮気調査の証拠写真を見ても明らかなやうに、ずはんな調査報告書を出されるこってってなるちうワケや。

 

 やって、現場の場数をようけ踏んや探偵相談員でぇやるこって、営業も相談もでぇきる探偵調査員ってなるこってが今後、探偵ってして生涯食っていきよったい人には絶対必要なんやこれがホンマに。

 

 それが結局、己の自信ってプライドってなり探偵ってして楽しくやっていけるこってってなるちうワケや。