初めての事の場合が多いやけど、離婚調停は慣れへんさかいえらいこっちゃって思うで。そこを円滑に進めていく為に離婚調停に関やる用心点を説明していきよったいって思うで。

 

 

 

先ずは「期日」やねん。離婚調停は平日日中に行われる事になっておるさかいに、平日お仕事されとる方は休んでぇ行かなくてはなりまへん。休みやすい会社でぇやればええやんが、3か月〜1年間位、月に1回休んでぇ調停に行く事になんねん。

 

 

 

もしも休みにくい様でぇやれば弁護士等の代理人に行ってもらうってゆう方法も有るさかいにうち庭裁判所でぇ確認された方がええって思うで。

 

 

 

次は「交通費」やねん。離婚調停自体は費用が2000円程度やねんさかい経済的負担はそないにあらへんって思うんやが、問題は交通費でんがな。

 

 

 

うち庭裁判所は申立人の相手ぇねきの住居の管轄の裁判所でぇ行われよるさかいに、もしも相手ぇねきが遠い所に住んでぇおるさかいやれば、申立人がそこまでぇの交通費を毎回出さなくてはいけなくなんねんさかい用心しまひょ。

 

 

 

また場合にやってはうち庭裁判所を変更やる事も可能やねんさかい相談してみるってええでっしゃろ。次に「お子はん」の事が有るんや。ちっこいお子はんがおる夫婦の方もおる事でっしゃろ。

 

 

 

その場合、お子はんを離婚調停に連れて行くんはいけるなんやけど、泣おったりわめおったりのお子はんやって気を取られてしまって話にならへん事も有るんや。また話を理解でぇきるわうなお子はんの場合は、両親の離婚の現状を目ぇの当たりにやる事になんねんさかい、お子はんは出来れば預けて攻めて来よった方がええかって思われます。

 

 

 

こないな用心点が挙げられよるさかいに頭によしておぅてほしいんやけどな。