「陳述書」は離婚調停を円滑に進めていく為に有った方がええもんやそーやでぇ。この陳述書は何で離婚に至る事になってんのか、夫婦の間に起きよった問題を書面にまってめる事でぇ、調停委員に口頭でぇしゃべるやりスムーズに伝える事が出来ます。

 

 

 

離婚調停になって調停委員ってしゃべる事になるって、夫婦双方でぇ言おったい事は山の様に有るでっしゃろし、感情に任せて言うておるってなんでも話がちゃう方向に行ってなおす事も有るさかいに、書面にまってめる事でぇ事実をきちんって冷静に伝えられる様になんねん。

 

 

 

陳述書を作成やる場合やけど、おのれでぇ作ってもどなたはんかに作ってもろてもええやんな。ほんで手ぇ書きせやけどええやんし、きちんってパソコンでぇ書類を作ってもええって思うで。書く時にはべっぴんな字でぇてーねーに、読みやすい字体でぇ書く様に心掛けまひょ。でぇはどないな内容を陳述書に書おったらええさかいしょうか?

 

 

 

頭に「陳述書」、その脇に「作成年月日」って「宛名(うち庭裁判所の名前+部名+係名+御中)」って表題を書おったら、その後に夫婦間に起きよった出来事や、離婚に至る事になってん経緯を順序立てて書おっていきます。

 

 

 

書く内容ってしては「結婚までぇの経緯」「チビがおる場合はチビの年齢や学校やらなんやらの状況」「夫婦の収入」「夫婦の財産」「離婚におったる発かてってなってん問題」「その後の状況」「今んところの生活費」「相手ぇになんでほしいかの要望」等を書おっていけばええやんな。

 

 

 

しまいにおのれの名前って捺印を押して陳述書が完成するさかいに、最初の離婚調停までぇに用意しておくってええやんや。