離婚を望んでぇおる人が離婚調停の申し立てをやるって思うんやが、離婚調停が進むにつれて考えが変わって、離婚したくあらへんって思い直す人もおるって思うで。そないな時に離婚調停を止める事って出来るさかいしょうか?

 

 

 

単純に離婚を取りやめるってゆう理由でぇ申し立てを取り下げる時には申し立てをした人がうち庭裁判所に「取下書」を提出すればええでやねん。へーこいてプーよに取り下げる事が出来て元の暮らしにもどる事になんねん。

 

 

 

せやけど離婚調停の取下げをやる理由って離婚を止める場合だけぇではおまへんらしいのや。離婚問題がもつれにもつれて離婚調停でぇは拉致がやかあらへんって思た方が離婚調停を止めて直ぐに裁判に持ち込んでぇ訴訟を起こしてなおす場合も取り下げをやるせやでぇ。

 

 

 

通常は離婚調停を進めていき、合意に至らなかった場合は離婚裁判に発展やるケースが多いやねん。せやけど離婚調停中に和解もしておらへんけど急に夫婦のどちらかが調停の取下げを申し出た場合には、調停が不成立に終わったって見なされて訴訟に至ってなおすケースが多いみたいやねん。

 

 

 

この離婚調停の取下げやけど、離婚が成立してもうた後には当然取下げをやる事が出来まへんさかい離婚をせなあかんのやが、離婚調停でぇ離婚が成立した後にやっぱし離婚をすんねんが嫌やって思た場合は、元夫婦は離婚の翌日に入籍をやる事が出来るそうかいなでぇ、それを利用やるってええでっしゃろ。

 

 

 

他の人って入籍やる場合には期間を開けなくてはいけまへんさかいその辺は誤解しやん様にしてみぃなな。