夫婦同士でぇ離婚調停でぇは直接話はせえへん。離婚調停におぅては調査室に夫婦がそれぞれ交互に入り、その中でぇ夫婦の片方って調停委員でぇ話をしていく事になんねん。離婚調停がスムーズに運ぶ様にそれぞれの言い分を調停委員が聞おって進めてくれるちうワケや。

 

 

 

でっからこの調停委員が調停離婚に関しては大きなカギになるってゆう訳やねん。調停委員はにーちゃんタレ各1名ずつの2名体制ってなっておって3人でぇ話し合う事になんねん。先ずは申立人って話をした後に、もう片方の人って話をしていきます。

 

 

 

ほんで更にこの時の話を元にして申立人って話をしていきます。こうして進めていきます。調停委員は離婚調停のプロやねん。話をきちんって聞おってあんたの意向を相手ぇに伝えてくれよるさかいに、ぼちぼちてーねーに分かりやすく話をしていってほしいんやけど。

 

 

 

離婚調停を有利に進めていく為には、調停委員って上手ぇに付き合っていく事が大切になんねん。ええ印象を与えられる様にマナーは守りまひょ。

 

 

 

ほんで調停委員の方にきちんって分かりやすく明確に離婚の話し合いが出来る様に、おのれが望む事、伝えておきよったい事をまってめて紙に書おっておくってええでっしゃろ。そないやる事でぇスムーズに話が進む様になんねんし、後から「これもやれも言うておきよったかった」って後悔やる事も無くなるって思うで。

 

 

 

基本的には離婚調停におぅては調停委員があんた方夫婦の離婚問題の話し合いが進められる様にサポートしてくれよるさかいに緊張せんと堂々って、話したい事をってこってんお話しくれへんかの。