対処法@:離婚やる

 

ようご相談に来られた方が「調査した後に離婚される方はどれくらええらっしゃいますわか?」ちゅう質問をされまっけど、割合的には全体の30%くらいになって、比較的若い世代(20〜30才代)の方が離婚を選択しとるやうに思うで。また、チビがおらへん、または一人の場合の若い世代やタレ性せやけど仕事を持っとる方は、はほぼ全員が離婚を選択しとるやうに思うで。

 

これは、再婚を視野に入れとる方が多いやうでぇ、実のトコ、やる程度意中の異性がおったり、まや独身の友人知人がようけおって、相手ぇを探すこってに困らんこってから、意外ってやっさり離婚を決意されとる方もおるやうやねん。

 

せやけどながら、結婚歴の長い夫婦やチビが2人以上、よめはんが専業主婦、共同名義の財産がやるやらなんやら、長年の夫婦生活でぇ権利関係が複雑に入り組んでぇおるやうな場合は、浮気をしたから、すぐさま離婚ちゅうわけにはいきまへんし、もしかやるって、配偶者の浮気のこってでぇ頭を悩ますやりも、離婚して身辺を整理やる方がえらいこっちゃちゅうケースも多いさかい、慎重に考えるべきやって思うで。

 

関連WEB:離婚につおって・慰謝料につおって

 

 

対処法A:浮気相手ぇへの慰謝料請求

 

配偶者への慰謝料請求は、浮気相手ぇにクレジットを請求やるちゅうこっちゃだけぇでぇはなくて、慰謝料請求をきっかけに不倫関係にやる二人の関係が完全に壊れてなおすちゅうこっちゃも結構あるんや。また逆に手ぇを握り合って、地下に潜り込んでぇ巧妙に不倫関係を続けるわうになるこってもやったり、また、稀なケースやけど別れた浮気相手ぇがストーカーになってまうこっても過去にはおました。

 

対処法ってしては定石でぇあってん、権利の侵害に対やる損害賠償請求やねんさかい、当然請求しておこるべきなんやけど、相手ぇの感じ方ってしては強硬手ぇ段でぇやるがために、請求でぇ返ってくる反応も強いもんになる可能性もあってん、常識でぇ考えられへんやうなもんの考え方をやる人もおるやうやねんさかい、行動を起こす前には浮気相手ぇのこってを予め知っておく必要がやるって思うで。

 

関連WEB:慰謝料につおって

 

 

対処法B:浮気をした配偶者を相手ぇにブチ切れる

 

恐よめはんうちの夫に対やる対処法でぇようお聞きすんのんこの方法やけど、うち個人的にはどないかいな…って思うで。

 

恐よめはんうちの方のお気持ちはちびっとわかりまへんさかい、何やっても言えまへんが、よめはんに強く攻められるって、土下座をして謝罪やる夫もおるらしいさかい、ほんでまた元の普通の生活に戻れて、ほんでよめはんの方もやる程度納得がいくさかいやれば、こういう方法もええさかいはあらへんかって思うで。

 

 

対処法C:やり過ごしながら様子を見る

 

意外ってこの方法に対しては「なんでそんなんしなあかんのやか?」って率直に聞かれる方がいますわ。浮気をしとるもんがあかんけど、何でやまってやり過ごすのか、ちゅうこっちゃやねん。

 

やくまでぇ調査後のお話やけど、不倫関係の二人を見て、その関係がどの状態にやるかちゅうこっちゃを考えたってきに、闇雲に行動を起こしたり、感情的な言葉のやり取りをしてなおすって、それこそ取り返しがつかなくなるこってにもつながりかなまへん。

 

浮気をしとるかっていって、不倫関係の二人が必ずしも円満な関係でぇやるっても言い切れまへんし、付き合い始めて間もあらへん頃は仲がええ関係せやけど、日が経つにつれ、すれ違いや行き違いが生じるこってもあってん、惰性でぇ付き合っとるやうな不倫関係も多々あるんや。

 

そないな場合、うちの中の夫婦関係の修復に努めたり、なんか環境を変えたりやるって、本日この時までは「うちにおるやりはましや」ちゅうやうな中途半かてな思いでぇ不倫関係を続けとったもんが、考えが変わってくるこってもあるやんうやねん。

 

必ずしも強硬手ぇ段がええっては言い切れまへんさかい、開き直るタイプやおのれの非を認めへんかたいじな方には、こういう対処法も効果は随分あるんや。