探偵社に浮気調査を依頼やる前に考えておぅた方がええこってがあるんや。

 

そら、浮気調査を依頼して実際に調査をしたって仮定し、配偶者(夫またはよめはん)が浮気をしとるこってが事実やって判明した場合、あんたはどねんうな行動をってるかちゅうこっちゃやねん。

 

ようご相談でぇ「浮気調査をやるかどないか迷っとるんやねん」ちゅうお話しをお聞きするわが、これは何やがしかの結果が出た場合、どねんうな対処をやるかちゅう方向性がなあんも定まってなく、たや「配偶者が浮気をしとるちゅうこっちゃが気になって、晩も眠れへん状態が続おっておる」っていった方が多いのやが、おのれせやけどどない対処してええのかわからんのやって思うで。

 

ほってんどの方は配偶者の浮気なんていうんは、どこぞ対岸の火事ねんうな感覚でぇあってん、発覚してはよぅ自身の問題やって受け止められへんこってがようけ、なかなか一歩を踏み出せまへん。

 

うちどもも「今、調査をしやんって後でぇ後悔するわや」ってか、どこぞの悪徳探偵社ねんうな強引な営業はせえへんさかい、やくまでぇご依頼者本人が決断やるこってやって思うで。

 

 

情報収集

 

この段階でぇの情報収集は、浮気調査をしてどない対処やるかちゅうこっちゃに対やる情報収集やねん。例あげたろか,たとえばやなあ、浮気の証拠をおさえれば即離婚ってお考えでぇやれば、離婚やる手ぇ順や今後の生活はどねんうなもんになるのか、ってか、離婚を考えへんさかいやれば、この配偶者の浮気の事実ちゅうもんってどねんうに付き合っていけばええのかを考えないけまへん。

 

今の時代はインターネットのWEBサイトや関連書籍やらなんやらも充実してんねんし、それらでぇ勉強やるってか、うちども探偵事務所せやけど様々な経験からアドバイスでぇきるこっても多いって思うでさかい、ご利用おっただけぇれば結構かって思うで。

 

たや、まずはご自身がどねんうな意思を持つかが重要やって思うでさかい、いつませやけどくようやって考えるだけぇでぇはなあんも前に進まあらへんって思うで。